【2023バレンタイン】小学生の友チョコ平均金額と渡す人数を調査!

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

節約

小学生の子供のバレンタインの友チョコは平均いくらかしら・・・

何人くらいに配るのかなあ・・・

バレンタインデーは「女性が男性に告白する日」ですが、近年は自分へのご褒美チョコや仲良しのクラスメイトで交換する友チョコが主流になっています。

小学生のお子さんを持つ親御さんにとって友チョコは、子供さん任せでは済まない問題ですよね。

友チョコを渡さなければ仲間外れにされるかもしれない・・・でも費用もかかるし準備する時間も取れないよ~。

近年は働くママやシングルマザーも多く、家計の事情は多様化しています。

そこで今回は、小学生女子の友チョコの平均金額や渡す人数を調査してみました!

バレンタインの友チョコ小学生の平均金額は?渡す人数は?

小学生女子はバレンタインデーに友チョコ渡す人数は平均何人くらいなのでしょうか?

小学生の友チョコの平均金額は200円~300円。

渡す人数の平均は5~10人が最も多く、小学校低学年より高学年のほうが渡す人数が多い傾向にあります。

友チョコはバレンタインデーにチョコやお菓子を交換することで、より友好関係が深まります。

一人だけ金額に差があると、周りに気を遣わせたり浮いてしまいますよね。

1人当たりの平均額を参考に友チョコを選んでみてくださいね。

2023年のバレンタインは2月14日火曜日

今年2023年のバレンタインデーは2月14日火曜日!

2月11日は祝日で土曜日。

週末を利用して友チョコの準備をする人も多いのではないでしょうか?

友チョコはプチギフトとして既にラッピングされているものの中から、お友達の好みを考慮して選ぶ、大袋を買ってオリジナルのラッピング、手作りチョコなど、友チョコの選び方は楽しくもあり選びきれず迷っている人も。

【バレンタイン】小学生の友チョコの平均金額

小学生女子がバレンタインデーに友チョコを渡す予算の平均は1人当たり200円~300円。

とはいえ渡す人数が多いと出費もかさみますよね。

1人200円でも10人に渡すと2000円。

小学校、中学校のお子さんがいると、さらに出費は増えます。

手作りすると手間がかかり親御さんの負担も大きくなります。

友チョコは大袋を小分けにして渡す人も多いのではないでしょうか?

ラッピングの費用も予算に入れておきましょう。

【バレンタイン】小学生の友チョコ何人に渡す?

小学生女子がバレンタインデーに友チョコを渡す人数で最も多いのは6~10人。

続いて4~5人、2~3人と続きます。

ただ友チョコを巡るトラブルも少なくありません。

学校によっては学校内での交換は禁止している場合も。

近年は働くママが多く、友チョコ10個も準備できないという悲鳴も聞かれます。

子供たちには楽しみのイベントですが、半数以上の親御さんが負担に感じているようですね。

【バレンタイン】小学生の友チョコの選び方

バレンタインのチョコレート商戦は年々激化しています。

コロナ前までは手作りチョコが人気でしたが、コロナ感染拡大以降は市販のチョコレートに人気が集中しています。

手作りしてくれる気持ちはうれしいですが、衛生面を考えると市販のチョコレートが安心ですよね。

チョコを渡す側は手作りでアピールしたいかもしれませんが、もらう側の立場になって友チョコを選ぶようにしましょう!

【300円以内】小学生の友チョコ!市販の可愛いバレンタインギフト10選
小学生のおこさんの親御さんは、バレンタインデーが近づくと、今年はどんなチョコにしようか頭を悩ませていませんか? 友チョコ1人当たりの予算は?友チョコを配る人数は?可愛いチョコを配りたい 今回は小学生がバレンタインデーに交換するおすすめの友チ...

【バレンタイン】小学生の友チョコ低学年と高学年で違う

小学校は1年生と6年生では見た目だけでなく好みも全く違います。

いつの間にかバレンタインデーに定着した「友チョコ」

小学校低学年女子は友チョコの選び方や渡すお友達など親御さんの意見が大きく影響します。

一方、小学校高学年になると自分たちで様々な情報やリサーチができ、好みやこだわりがはっきりしてきます。

手作りチョコだと徹夜で作るなんて人も。

市販のチョコレートはオリジナルに欠けるという人は、ラッピングやメッセージで個性を。

【バレンタイン】小学校低学年の友チョコ事情

小学校低学年の友チョコは仲良しのお友達との交換。

4~5個程度が平均。

小学校低学年の友チョコはコミュニケーションの1つ、微笑ましい光景ですよね。

【バレンタイン】小学校高学年の友チョコ事情

バレンタインデーの友チョコを微笑ましく見えるのは小学校低学年まで。

高学年になると部活、塾など子供たちの行動半径は広がります。

行動半径が広がるとおのずと交友関係にも変化が。

友チョコはクラスメイトだけにとどまらず塾や部活など、渡す人数が増え多い人は50個配るなんてことも。

小学校高学年や中学生の友チョコは、微笑ましいだけでは済まされない問題になっています。

お得なチョコレート詰め合わせ5選|リンツやゴディバなど高級チョコも
チョコレートをお得に購入するには、特売日を狙って購入する方法が一般的ですが、食べたいチョコレートが特売しているとは限りませんよね。 こちらの記事では、色んなチョコレートをお得に購入したい人へ、送料無料で購入できる、お得な詰め合わせをご紹介し...

【2023バレンタイン】小学生の友チョコまとめ

今回は小学生のバレンタイン友チョコの平均金額や渡す人数を調査してきました。

小学生女子が1人に渡す友チョコの予算は200円~300円。

配る人数は4~5人という意見が多いですが、学年が上がるにつれて増える傾向に。

友チョコは個性や見た目も大切ですが、交換するお友達との金額のバランスも考えておきましょう。

バレンタインデーの友チョコが原因で仲間外れやいじめなど悩む人も。

子供たちには楽しいイベントとなるバレンタインデーの友チョコ!

チョコレート代を払ったり一緒に準備してくれる親御さんに感謝してバレンタインデーを楽しんでくださいね。

【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました