【コーヒー代を節約】インスタントとドリップを徹底比較|味やコスパは?

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

節約

コーヒーは、眠気覚ましや気分転換など、私たちの生活にゆとりやホットした時間を与えてくれます。

一人で飲むのもよし、お友達とおしゃべりしながら飲むのも楽しい時間です。

日常的に飲むコーヒーは、味やコスパも選ぶときの重要なポイントになりますよね。

今回は、コーヒー代を節約したいけれど、味や香りも楽しみたい方へ、インスタントとドリップコーヒーの味の違いやコスパを徹底比較していきます。

インスタントとドリップどっちがコーヒー代を節約できる?

インスタントとドリップ、どっちがコーヒー代を節約できるかは、皆さんのご想像通り、インスタントコーヒーです。

インスタントコーヒーは、お湯でサッと溶け、ブラックはもちろん、カフェラテ、ソイラテ、コーヒー味のお菓子を作る時も使えます。

一方ドリップコーヒーは、挽いたコーヒー豆がフィルターの中に入っていて、お湯を注ぐと香り高い淹れたてのコーヒーが楽しめます。

コンビニのレジカウンターのコーヒーが1杯100円で安いからと、日課のようにドリップコーヒーを買っている人も多いのではないでしょうか?

レギュラーサイズを毎日買っていると、1カ月3,000円。年間36,000円。

ドリップコーヒーはインスタントコーヒーより割高ですが、フィルター付きのドリップコーヒーは、まとめ買いや福袋の詰め合わせなら、2杯18円程度で購入できます。

インスタントコーヒーよりドリップコーヒーのほうが、割高と考えがちですが、福袋や訳あり、詰め合わせなど、まとめ買いをしておくと、コンビニコーヒーを買うよりも節約できます。

【コーヒー代の節約】インスタントコーヒーの味やコスパは?

インスタントコーヒーは、コーヒー豆を煎り、挽きます。

お湯を注いでコーヒー液を作り水分を飛ばし、乾燥させた後、パッケージに詰めてインスタントコーヒーになります。

インスタントコーヒーは、瓶にコーヒーだけがパックされたタイプやスティックタイプ、シュガーとミルクが入ったミックス、ラテなど、お湯を注ぐだけでその日の気分に合わせて、飲みたいコーヒーが簡単に楽しめます。

インスタントコーヒーにお湯を注ぐと元のコーヒーに戻りますが、香りはドリップコーヒーには及びません。

忙しい朝など時間をかけずにコーヒーを味わい時には、インスタントコーヒーがおすすめです。

コーヒーは、眠気覚ましや気分転換など、私たちの生活にゆとりやホットした時間を与えてくれます。

一人で飲むのもよし、お友達とおしゃべりしながら飲むのも楽しい時間です。

日常的に飲むコーヒーは、味やコスパも選ぶときの重要なポイントになりますよね。

今回は、コーヒー代を節約したいけれど、味や香りも楽しみたい方へ、インスタントとドリップコーヒーの味の違いやコスパを徹底比較していきます。

ドリップコーヒーで節約

豆を挽いた粉末のコーヒーをカップに乗せて、お湯を注ぐだけで本格的なコーヒーが味わえるドリップコーヒー。

1パックずつ個包装されているので、開けた瞬間、挽いたコーヒー豆の香りが漂い、お湯を注ぐと芳醇な香りでカフェにいるような気分が味わえます。

ドリップコーヒーは、カセットタイプやドリップパック、コーヒードリッパーに紙のフィルターを使って入れるなど様々な方法があります。

カフェのコーヒーは、1杯500円、コンビニコーヒーは1杯100円、ドリップコーヒーを買っておくと、飲みたい時に淹れたてのコーヒーが1杯18円程度で飲めます。

コーヒーの香りにこだわりたい方は、ドリップコーヒーがおすすめです。

最初にコーヒードリッパーやフィルターを揃えておくと、コーヒー豆だけ購入すればよいので、インスタントコーヒーより割高になってしまうドリップコーヒーでもコーヒー代が節約できます。

ドリップコーヒーのコスパは?

インスタントコーヒーに比べコスパは劣りますが、コンビニコーヒーよりも割安なので、ドリップコーヒーのコスパは決して悪くはありません。

1杯ずつ個包装されたカセット式のドリップコーヒーは、封を開けてカップに乗せてお湯を注ぐだけで手軽ですが、1杯50円程度と割高になってしまいます。

紙のフィルタータイプは、1杯20円程度、豆だけを買ってドリッパーを使って入れると 1杯10円 程度のものもあり、インスタントコーヒーと大差はありません。

ドリップコーヒーは豆の種類により値段の違いはありますが、カフェやコンビニコーヒーを買うよりは、コーヒー代の節約ができることは間違いありません。

コンビニのコーヒーはポイント利用ができるので、をたくさんポイントを持っている方は、インスタントコーヒーよりも安く飲めそうですね。

ドリップコーヒーは、1杯分ずつ密封されているので、まとめ買いしておくと、1杯単価は更に安くなります。

例えば「ドリップコーヒーファクトリー」のドリップコーヒーなら、100杯分で2240円で本格的なコーヒーが楽しめます。

1杯たったの22なら、カフェのような香り高いドリップコーヒーも身近に感じられますよね☕

コンビニコーヒーはポイントで節約を

コンビニコーヒーは1杯100円とはいえ毎日となると、コーヒー代もバカになりません。

コンビニは、Tポイントや楽天ポイント、お店ごとのポイントなど、ポイントで商品が購入できます。

ポイントをためるには、たくさん買い物をしなければいけないと考えてしまいますが、ポイントを貯める方法は、買い物だけではありません。

楽天会員なら不定期にアンケートが届き、アンケートに答えるとポイントが貰えます。

アンケートは楽天だけでなく、アンケートサイトもたくさんあり、登録しておくとメールでアンケートが届くので、回答するとポイントがもらえます。

回答は選択式が多いので、隙間時間でOK!

コンビニコーヒーの誘惑に負けてしまいそうな方は、ポイントでコーヒーをゲットしましょう☕

ヒルナンデスで紹介!アンケートでポイ活「マクロミル」とは?
11月9日(水)ヒルナンデス(日本テレビ系)の「副業徹底調査」のコーナーで、アンケートに答えてポイ活ができる「マクロミル」が紹介されました。 今回は「マクロミル」とはどのようなポイ活なのか、いくらくらい稼げるのか、アンケートの種類や登録方法...

コーヒー代の節約まとめ

インスタントとドリップコーヒーどっちがコーヒー代を節約できるか、味やコスパも検証してきました。

インスタントコーヒーは、コーヒーの粉をお湯に溶かすだけでコーヒーが味わえ、ホットもアイスも、濃さも自由自在。

ドリップコーヒーは、封を開けた瞬間、挽き立てのコーヒーの香りが楽しめ、お湯を注ぐだけでカフェのようなコーヒーが味わえます。

コスパの面ではインスタントが優勢ですが、休日やお客様が来られたときは、香り豊かなドリップコーヒーを楽しみたいと思いませんか?

コーヒー豆の芳醇な香りは豊かな気分にさせてくれますよね。

特別なひとときにドリップコーヒーを味わってみてはいかがでしょうか?

最近はお家に居ながらにしてカフェのような本格的なコーヒーが、お手軽な価格で購入できる通販もあります。

中でも「キューリグオンラインストア」通販サイトは、上島珈琲店やセガフレード、タニタカフェといった人気のカフェの味を自宅で楽しめます。

街の有名カフェのコーヒーを飲んでみたいけれど近くにカフェがない、出かけるのが面倒という方は通販サイトでコーヒーを購入してみてはいかがでしょうか?

定期便なら買い忘れの心配もありませんね。

お名前.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました