お中元にアイスが迷惑な理由3選|喜ばれるギフトもご紹介【2021】

※当サイトには、プロモーションが含まれています。

節約

私はお中元にアイスが欲しいけど、贈るのは迷惑かしら?

アイスは、人気のお中元ですが、その一方で、もらって困るお中元という意見も多く聞かれます。こちらの記事では、お中元にアイスが迷惑な理由や、お中元で喜ばれるアイスギフト、保存場所に困らないアイスのお中元をご紹介していきます。

お中元にアイスは迷惑?

アイスは、毎年人気のお中元ですが、お中元でアイスをもらうと困るご家庭も多いようです。

みなさんは、お中元でアイスをもらいたい派?それとも迷惑ですか?

お中元を贈る場合は、自分がもらってうれしいものや、欲しいものを選ぶ傾向にあります。

お中元のパンフレットを見ていて、箱いっぱいのアイスギフトがあると、うちにも誰かお中元を贈ってくれないかなあ。って思ったことはないですか?

アイスがたくさんお家に届いたシーンを想像すると、まるで夢のようって思いますよね。

子供のころ、大人になってお給料をもらったら、冷凍室いっぱいにアイスを買いたいって、夢をみていた人も多いのではないでしょうか?

そんな憧れのアイスですが、意外にもお中元で贈られると迷惑のようです。

まずは、お中元にアイスが迷惑な理由を3つのパターンからチェックしてみましょう。

お中元にアイスが迷惑な3つの理由

1.自宅が留守がち
2.急に贈られてきても、保存場所が確保できない
3.甘いものが苦手

お中元にアイスが迷惑理由は、留守がちなご家庭の方や保存に困る、甘いものが苦手など、迷惑に感じる事情は様々です。

ここからは、お中元にアイスが迷惑な3つの理由を、順にみてみましょう。

留守がち

現代は、共働きのご家庭が多くなっています。

お中元のアイスを日中に届けてもらっても留守のため、再配達の依頼や、最寄りの配送センターまで取りに行くなど、二度手間になってしまいます。

お中元でアイスをもらうのは歓迎でも、受取りのタイミングが合わない場合に迷惑と感じてしまうご家庭もあるようです。

冷凍庫に入らない

お中元にアイスが迷惑と感じる最も多い理由が、冷凍庫問題ではないでしょうか?

アイスは冷凍保存が必須のため、贈るお相手の冷凍庫事情を考慮しないで贈ると、迷惑なお中元になってしまいます。

急にアイスが届くと冷凍庫がいっぱいで、今入っている冷凍食品を出さなければアイスを保存できなくなります。

お中元の時期は最も暑く、食品の保存を冷凍室に頼りがちになっています。寒い季節なら冷蔵保存する食べ物でも、熱い時期は冷凍しておきたいと考えます。

お中元のアイスは、ファミリーサイズの大きいものや、カップで数がたくさん詰め合わされたものなど、種類が多いので、贈る相手の家族構成に合わせて選びましょう。

甘いものが苦手

甘いものが苦手なご家庭には、アイスは迷惑なお中元です。

お中元は自分が欲しいものや、もらってうれしかったものを選ぶ傾向があるため、贈る相手の好みや家族構成を考えずに贈ってしまう場合があります。

ちなみに私は以前、お中元にビールをいただきました。

しかし、我が家はアルコールが弱く、ビールも飲めません。

今はノンアルコールビールがありますが、当時はアルコールが入ったビールしかありません。

我が家では、ビールが迷惑なお中元だった経験があります。

このようにアイスに限らず、お中元など贈り物を選ぶ場合は、好みや家族構成などリサーチしておくと、迷惑になりませんよね。

お中元にアイスが迷惑な口コミ

アイスが迷惑な理由は、保存場所の確保が原因ですが、実際にアイスを貰って迷惑な人の口コミもチェックしておきましょう。

一人暮らしや少人数家庭の場合、冷蔵庫が小さい可能性があります。小さい冷蔵庫は、冷凍室も小さく、お中元のアイスが入りきらないという意見が聞かれます。

アイスは冷凍しておけるので、保存ができ少人数でも困らないと思ってしまいがちです。

しかし、冷凍庫が小さければ、保存もできない事態になってしまいます。

お中元にアイスを贈る場合は、お相手の家族構成や冷凍庫事情を踏まえて、贈るようにしましょう。

アイスが迷惑な口コミには、「ダイエット中にアイスは迷惑」という意見も聞かれます。

アイスはお中元の人気商品ですが、家族構成や生活スタイルによっては、迷惑なお中元になってしまうようです。

贈る際は、一言お声かけをしてみるのもいいかもしれませんね。

お中元にアイスをもらいたい口コミ

お中元のアイスは、有名ブランドや高級な材料など、普段買えないようなアイスが届くので、もらいたいと思っている人が多いようです。

お中元の相場は3,000円~5,000円が最も多く、一度にたくさんの高級アイスが届いた瞬間を思い浮かべると、ワクワクしますよね。

アイスは乳脂肪分が高いアイスクリーム、乳脂肪分がやや低いアイスミルク、乳脂肪分が含まれないラクトアイス、ジュースを凍らせたようなシャーベットや氷菓があります。

乳脂肪分を含むアイスは、夏風邪などで食欲が無いときの栄養補給として、優秀な食品です。シャーベットは果汁を使ったものが多く、手軽に果汁を摂取できます。

しかし現実にたくさんのアイスが届くと、早く冷凍庫に入れたいけど入りきらないといった現実問題に直面してしまうようですね。

お中元にアイスを贈るときのマナー

・前もって連絡する
・ギフト券やカタログギフトで贈る
・常温保存できるアイスを選ぶ

お中元に人気のアイスですが、実際届いてみると冷凍庫がいっぱいで保存に困ることが多いようです。

クリスマスのアイスケーキも買ってきたときは盛り上がりますが、残りの保存場所に困ったという経験がありませんか?

お中元のアイスも、ファミリーパックのような大きなサイズは、冷凍庫の確保に困り、迷惑なお中元になりかねません。

そこで相手に喜んでもらえる、アイスのお中元を贈るときのマナーをご紹介しましょう。

前もって連絡する

冷凍便でお中元のアイスを贈るときは、前もって連絡しておきましょう。

少し余裕をもってお届け日を指定しておくと、もらったご家庭の段取りがつきやすくなります。

アイスのお中元は送料が含まれている上、食品のため、消費税が8%と贈る側にもメリットがあります。

親しい方へのお中元にアイスはおすすめのお中元です。

ギフト券やカタログギフトで贈る

お中元にアイスは迷惑かも?でもご家族で食べてもらいたいし。と思ったら、アイスのギフト券やカタログギフトでアイスを贈りましょう。

アイスのギフト券なら、贈る側の気持ちを伝えられ、もらったご家庭は、冷凍庫の心配をすることなく、食べたいタイミングでアイスと交換できます。

常温保存できるアイスを選ぶ

アイスが迷惑と言われる原因のほとんどが、急にたくさんのアイスが届いても、家庭の冷凍庫事情にあるようです。

アイスを保存する冷凍庫は、冷凍食品や食品を長持ちさせるために冷凍するなど、冷凍庫をフル活用している家庭が多く見られます。

ただでさえ冷凍庫がいっぱいなのに、さらにアイスが届くと、今入っているものを出さなければなりません。

アイスのお中元は人気が高く、様々な種類が発売されています。

我が家もお中元には、アイスを贈っています。一昔前までは、高級アイスを贈っていました。なぜなら高級アイスは、値段に対し個数や分量が少ないので、冷凍庫を占領せず迷惑にならないと考えたからです。

しかし近年は、常温保存できるアイスの種類が増え、贈る側は、迷惑になる心配がありません。

ジュースを凍らせただけのような簡単なタイプから、本格ジェラートが楽しめるアイス、バニラやチョコレートなどの濃厚アイスなど、常温保存できるアイスはたくさんもらっても迷惑にならないお中元です。

【感想】常温保存でOK!モロゾフ凍らせてシャーベット体験談
夏のギフトや手土産に、「モロゾフの凍らせてシャーベット」を贈りたいけど、お相手が喜んでくれるか迷っている方は「実際に食べた人の感想を聞いてみたい」と思うのではないでしょうか? こちらでは、夏の手土産に「モロゾフの凍らせてシャーベット」を持っ...

アイスのお中元は迷惑どころか大歓迎!

お中元にアイスが迷惑な理由や、アイスの贈り方、おすすめのアイスをご紹介してきました。

暑い夏にたくさんのアイスが届くとうれしいですが、保存を考えると迷惑なお中元になる場合があります。

アイスは、相手の家族構成を考えて贈ると、迷惑どころか大歓迎なお中元になること間違いなしですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました